リンク

ダイブマスター・コース(DM)

  • DM

    ダイビングガイドとして働きたい、あるいはインストラクターのアシスタントとして 指導者的なポジションに就きたい、という人のためのプロダイバー養成の入門的 コースであり、またインストラクターになるための基礎的なコースでもあります。
    今の仕事を続けながら、ガイドの仕事をしてみたい・・・という方や、将来インストラクターを目指している方、または、自分のレベルに磨きをかけたい方などなど、 PADIプロフェッショナルダイバーにふさわしい技術が身に付くコースです。

コース料金

・ ¥108,000

コース料金に含まれるもの

・ 講習料金(レクチャー・プール・海洋)

コース料金に含まれないもの

・ 海洋実習費、 教材費、 申請料・会費(¥40,950)

ダイブマスターになると

・ PADIダイブセンターやリゾート、ダイブ・ボートのスタッフとして働くことができる。
・ PADIインストラクターと一緒にお客様のアシストができる。 ・ PADIスキンダイバーコースを単独で実施し、認定ができる。
・ PADIディスカバー・スノーケリング・プログラムを実施できる。
・ 認定オープン・ウォーター・ダイバー以上の認定ダイバーのPADIスクーバ・リビュー・プログラムを実施できる。
・ PADIディスカバー・ローカル・ダイブ・エクスペリエンス・プログラムを実施できる。
・ エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを修了すればエマージェンシー・ファースト・レスポンスコースを実施
  できる。
・ PADIディスカバー・スクーバ・ダイビング・リーダーの資格がある場合は、単独でプールもしくは限定水域でディスカバー・スクーバ・ダイビングを
  実施できる。

※上記すべては新規及び更新手続きを完了し、保険加入をしていることが条件となります。
 コース実施の詳細については、必ず担当インストラクターに確認をしてください。

コース参加条件

・ PADIアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー、または、それに相当する資格を有していること。
・ PADIレスキュー・ダイバー、または、それに相当する資格を有すること。
・ ダイビングに適した体調であるか診断し、医師の署名の入った病歴/診断書(12カ月以内)
・ ログブックに最小限20回のダイブが完了していること。
・ 18歳以上であること。

コース内容

・ 知識の開発
   ・9科目のナレッジリビュー
   ・8科目のエグザム
   ・緊急アシストプランの作成

・ 水中スキルとスタミナ
   ・400m水泳
   ・15分立ち泳ぎ
   ・800mスノーケルスイム
   ・100m疲労ダイバー曳行
   ・レスキュー評価
   ・器材交換

・ 実際の現場でのスキル
   ・水中地図作成
   ・ダイブマスターが実施できるプログラムを実施
   ・インターシップ1もしくは現場トレーニング実習2のどちらかを終了